カジノでのポーカーゲームの撮影は可能?

ラスベガスへの旅行が楽しくないわけがありません。ギャンブル、パーティー、ナイトライフなど、望みがすべて叶う場所です。そんな街でゲストがしたいことを禁止してがっかりさせるようなことは、カジノのオーナーにとって何の得にもなりませんが、どうしても守らなければならないルールもあります。大抵のことは許されていますが、他の人々に迷惑をかける行為は禁止されています。たとえば、ゲーム、ダンス、カラオケなどをしながらタバコを吸ったりお酒を飲むことは可能ですが、動画撮影については、カジノによってルールが異なります。実際、撮影は多くのカジノで禁じられていますが、ご自身とそのマシンを撮影するくらいなら追い出されることは滅多にありません。

カジノはすべて合法であり、何も恐れる必要はありませんが、動画撮影については禁止事項と なっていますので、動画をインターネットに投稿することもできません。ただし、他人を撮影しないという条件を満たしさえすれば、ポーカーゲームやスロットマシン、ルーレット、その他の賭博ゲームを記録することができます。これは写真についても同様で、他の人を写していない自撮りであれば、特に制限はないのです。ですから、他者のプライバシーを尊重することに注意しさえすれば、カジノから追い出されることはありません。

では、許可なく動画を撮影しているのが見つかった場合、一体どうなるでしょうか?例えば、あなたがカジノでブイログの撮影中に、他のゲストが画面に何度も映っていたとします。カジノのスタッフがそれに気がつき、あなたにやめるように注意したにもかかわらず、あなたはそのまま撮影を続けたしまった場合には、通常警備員がやって来てあなたを建物から追い出すでしょう。この行為はカジノの利用規程に記載されていることであるため、違反や違法ではありません。ゲストが規則を守らなければ、カジノがそれを黙認する必要はないのです。

規則は破るためにある、ですよね?それは法的には間違っていますが、ごくたまに規則違反が起こることもあります。偶然にジャックポットを当てたり、ゲームで大きな賞金を獲得した場合に、その瞬間を記録しておきたいと思うのは当然です。その場で動画を撮るしかないですよね。そのような特別な場合には、おそらくスタッフも撮影を許してくれるでしょう。しかし、実際に撮影する時には、おそらくかなり興奮状態でしょうから、他の人々がレンズに入ってこないように十分注意してカメラを回しましょう。

隠しカメラ内蔵の眼鏡を買おうか迷う前に、よくよく考え直した方が良いでしょう。良いアイデアに聞こえるかもしれませんが、何かを隠し持っているとカジノに入ると、警備員がいとも簡単にそれに気づき、一晩中マークされるでしょう。さらに、一度疑いがかかると、直接呼び出されて尋問されたり、有無を言わさず追い出される可能性もあります。動画を撮影したいがためにそこまでリスクをとる覚悟はありますか?

結局、カジノは他と同様のケータリング施設であり、独自のルールを設定する権利を持っています。そして、ゲストはそのルールを尊重する義務があり、規則に則って行動することが期待されています。どうしても記録したいのであれば、せめて携帯電話を使いましょう。大型カメラは目につきやすく、動画も高画質でプライバシーの侵害につながる可能性も高く、警備員に認められることはまずないでしょうが、携帯電話なら撮影を大目に見てくれる可能性が多少あるかもしれません。